春の植物

クロッカスとは!この花どう育てるか?

投稿日:2017年1月26日 更新日:

★ 魅力的な花・クロッカス!

洋ランの品種としては「胡蝶蘭」とか「カトレア」などが可愛いフラワーとして愛されていますよね。

 

デンファーレとか、シンビジュウムはよく知られていますが、「クロッカス」という花はよくわからない?とおっしゃる方はおりませんか。

 

この「クロッカス」は個性的な顔を見せてくれる魅力的なフラワーといえるのですよ。

 

魅力的なフラワー「クロッカス」は、その姿がアヤメのようで、学名は「Crocus」と
書きます。クロッカスは球根植物の仲間でアヤメ科に属しているのですよ。

 

この「クロッカス」は「鉢植え」のほか「露地植」や「水栽培」もできます。
実は野生のクロッカスも視野をたのしませてくれます。

 

ここでは魅力的なフラワー「クロッカス」をうまく育てるテクニックをご紹介してゆくことにしましょう。

★育て方の基本視点は?

このクロッカスをうまく育てるための基本的な視線を据えておきましょう。
ごく普通の視点からは、花が咲き終ってしまえば、ほっといてもいいと考えられがちですね。

 

しかし来る年もクロッカスの綺麗な花を咲かせたいなら、「花後の管理」が大切なのです。
このように視点を置き換えて「花後の管理」をしっかりやることをおすすめします。

 

プレゼントされたクロッカスの鉢植えでは、1年だけで球根を腐らせてしまいがちですが、せっかく頂戴したクロッカスですから、クロッカスの性質、その「生育サイクル」を理解してあげて、じょうずに管理してあげることをおすすめします。

 

そうすれば毎年、素敵な花をエンジョイすることができるでしょう。
鉢植えとはちがい、「地植え」のときはほっといていても数年は花が咲きます。
もともとクロッカスは野生だった丈夫な花ですからね。

スポンサーリンク

★鉢植えの置き場所は?

鉢植えのときの置き場所は、できるだけ陽(ひ)あたりのよい場所を選ぶようにおすすめ
します。陽あたりが悪いと花つきがわるくなりますよ。

 

室内で育てるときも12月ころまで戸外で低温にあわせてから
取り込むようにすることをおすすめします。
このクロッカスは低温にあわないと花芽をつけないのですよ。

 

寒さに強いといっても霜よけに屋根のある場所に置くことがよいでしょう。
寒冷地では鉢ごと雪のなかに生めて越冬させてもかまいません。

 

高温多湿の場所を避けるようにしましょう。
このクロッカスは高温多湿を嫌う花ですから、
夏は鉢ごと雨と日のあたらない涼しい場所で保管することをおすすめします。

★植え替え・植え付けは?

クロッカスの球根の植え付けは9月下旬から10月が適しています。
それも深く植えることが大切で、庭植えでは深さ10cmです。

 

球根2~3個分の間隔をあけて植えてゆきます。
鉢植えのときは、根が伸びるスペースが狭いので深植えはできませんので深さ10cm

 

以上で球根1個分ほどの間隔で植え付けます。
花後にでてきた新球根が地表にでてきたときはそれが隠れるほどに土をかぶせましょう。

★増やし方は?

クロッカスの古い球根の上に新球根がでてきます。
鉢植えでは植え替えで株分けします。

 

地植えでは4~5年に1度は球根を掘りあげて
ばらしてから、秋に植え替えましょう。

★綺麗に咲かせましょう!

このほか水遣り、肥料、用土、病虫害などもありますが、これは追記します。

 

いすれにしても、花がおさまってからの管理を大切にするようおすすめです。

オススメの記事一覧

-春の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.