夏の植物 秋の植物

ノウゼンカズラの育て方を公開!「のうぜんかつら」の名で歌もある?!

投稿日:

ノウゼンカズラは、「のうぜんかつら」ということもあり、シンガーソングライターの安藤裕子さんの歌で有名です。

昔お酒のCMソングに使われており、「♪な~で~て~ やさ~し~く~♪」のスローテムポの歌声に癒された方も多いのではないかと思います。

CMは、夫婦のすれ違いをほのぼのと描写していましたが、実際はほのぼ行かない場合も多いようです。

以前アニメ『夜のヤッターマン』を観て懐かしさのあまり涙を流したことがあり、妻に訳が分からないといわれました。

その放送回は、『マッハGoGoGo』のパロディをふんだんに取り入れた内容で、その徹底ぶりについ感涙してしまったのだから仕方ありません。

「フランダースの犬の最終回を観て泣くんならまだ分かるけど…」と妻にいわれ、「韓国では普通に犬食べるらしいよ」と私は答えました。

『夜のヤッターマン』の中に、空腹になるとサブキャラの子豚を食べるぞ的ネタが頻出するので、それに引っ掛けたつもりだったのですが、全く理解されず本気で「サイテー!」と怒らせました。

娘には「お父さん、またヤッターマン?!」ともしいわれましたが、さて、今回は「ノウゼンカズラ」のご紹介です。

ノウゼンカズラ(凌霄花)とは?

ノウゼンカズラは、中国を原産とするノウゼンカズラ科のつる性の落葉樹です。

開花時期は、6月から9月で赤からオレンジ色の鮮やかでラッパ状の大きな花を咲かせます。

ノウゼンカズラは、気根と呼ばれる根を出して塀や樹木に付着させて、つるを上に伸ばして行きます。

ノウゼンカツラの別名には、「ノウゼン」や「ノショウ」があり「のうぜんかつら」と表記される場合もあります。

スポンサーリンク

ノウゼンカズラの種類

ノウゼンカズラの種類には、北アメリカに分布する「アメリカノウゼンカズラ」があります。

アメリカノウゼンカズラの花色は、赤みが強く比較的育てやすいのが特徴です。

ノウゼンカズラとアメリカノウゼンカズラの雑種に「タグリアブアナ」があり、その代表的な園芸品種の「マダム・ガレン」は、赤みの強いオレンジ色の花を咲かせます。

また、「マダム・ガレン」とノウゼンカズラ本種との交配種である「オランジュ・タカラヅカ」は、花の色はオレンジ色で中心部が黄色なのが特徴です。

「オランジュ・タカラヅカ」は、小型であるため鉢植えで育てるのに適しています。

ノウゼンカズラの育て方

ノウゼンカズラは、日当たりと水はけの良い場所で栽培します。

ノウゼンカズラは、暑さには強く夏の炎天下でも見事な花を咲かせてくれますので、年間を通じてよく日の当たる場所で育てます。

「オランジュ・タカラヅカ」などの小型の園芸品種を除いて地植えで育てます。

ノウゼンカズラの植え付けは、3月から4月にかけて行います。

つる植物なので、支柱を用意したり樹木などの近くに植えることが必要です。

フェンスやポール、アーチなどからまりやすい対象のそばに植えるのが理想です。

また、ノウゼンカズラはつるを東や南の方角に向かって伸ばす性質があるので、植え付ける時にはつるが伸びる方向も考慮する必要があります。

植え付け直後は、しばらくは土の表面が乾いたら水やりをしますが、その後は必要ありません。

オススメの記事一覧

-夏の植物, 秋の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.