夏の植物

ビヨウヤナギの花言葉は何?花はキンシバイに似ているけど違いは?!

投稿日:2017年3月22日 更新日:

「ビヨウヤナギ(美容柳)」は、黄色い花と長く伸びた雄しべが印象的なオトギリソウ科の植物です。同じオトギリソウ科でよく似たものに「キンシバイ(金糸梅)」があります。

ビヨウヤナギ(美容柳)は、葉が柳に似てはいるものの「柳」の仲間ではないように、キンシバイ(金糸梅)も「梅」の仲間ではありません。

キンシバイは、金色の糸のような雄しべを持つ花が梅に似ていることから名付けられ、ガーデニングショップではよく「ヒペリカム」の名前で店頭に並んでいることがあります。

「ヒペリカム」というのは、キンシバイだけではなく、オトギリソウ属に分類される半落葉性低木の総称をいいます。

ヒペリカムの種類は、いろいろとありますが、常緑で花を楽しむ「ヒペリカム・カリキナム」や半落葉で実を楽しむ「ヒペリカム・アンドロサエマム」が良く知られています。

もちろんキンシバイに似ているビヨウヤナギもヒペリカムの仲間です。今回は、「ビヨウヤナギ」のご紹介です。

ビョウヤナギについて

ビヨウヤナギは、中国を原産とする半落葉性の低木です。ビヨウヤナギの開花時期は、6月から7月にかけてで、長く伸びた雄しべを多く持った黄色い花を咲かせます。

キンシバイも同じころに黄色い花を咲かせますが、花のサイズは小さくビヨウヤナギほど雄しべが長くないのが特徴です。

ビヨウヤナギは、「未央柳(びょうやなぎ)」とも呼ばれ、白居易の『長恨歌』にちなんで名前が付いたといいます。

スポンサーリンク

またビヨウヤナギは、別名を「ビジョヤナギ(美女柳)」、「キンシカイドウ(金糸海棠)」、「キンシトウ(金糸桃)」ともいいます。

ビョウヤナギとキンシバイの花言葉

ビヨウヤナギの花言葉は、「多感」、「有用」、「幸い」、「気高さ」、「あきらめ」です。

一方、キンシバイの花言葉は、「きらめき」、「悲しみを止める」、「秘密」、「太陽の輝き」です。

キンシバイの花はカップ状で、開ききらない花びらがまるで秘密を抱えているように見えるため、「秘密」という花言葉が付きました。

ビヨウヤナギに、花の姿がよく似たものとして「ヒペリカム・カリキナム」があげられます。

ヒペリカム・カリキナムは、「ヒメキンシバイ」と呼ばれることもあり「西洋キンシバイ」の和名を持ちます。

ヒペリカム・カリキナムの花は、ビヨウヤナギの花と違って雄しべが真っすぐに伸びている特徴があります。

また、ヒペリカム・カリキナムとキンシバイの交配種に「ヒペリカム・トリカラー」があり、葉の縁にクリーム色の斑が入るのが特徴です。

ヒペリカム・トリカラーは、樹高が30センチほどにしか生長しない小型品種で、グランドカバーとしても利用されています。

他に、赤やピンク色やクリーム色などの可愛らしい実を楽しむ「ヒペリカム・アンドロサエマム」もあります。

ビヨウヤナギの育て方

ビヨウヤナギは、保水力のある土壌と日当たりの良い場所で育てるようにします。ビヨウヤナギの植え付けの適期は、春は3月、また秋は10月ごろです。

ビヨウヤナギは、とても萌芽力が強いので、長く徒長した枝や枯れ枝を切り落とす剪定を思い切り良くしてやります。

剪定の適期は花後の7月になります。ビヨウヤナギは、樹勢が強く鉢植えにはあまり向いていないため、庭などに地植えして育てるのがおすすめです。

オススメの記事一覧

-夏の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.