夏の植物 春の植物

シモツケの花言葉の意味は?中国で「繍線菊」と呼ばれる理由も紹介!

投稿日:2017年3月21日 更新日:

シモツケ(下野)という植物の名前の由来は、下野国(しもつけのくに=現在の栃木県)で最初に発見されたという説と、下野国に多く自生するという説があります。

「下野国(しもつけのくに)」である栃木県には、「下野(しもつけ)」市もあって少々混乱をしてしまいます。下野市は、人口約6万人弱の都市でかんぴょうが特産品です。

下野市について特筆すべきことは、「カンピくん」と「まろに☆えーる」の瓜田瑠梨(うりたるり)ちゃんが市に特別住民登録をしたことでしょうか。

「カンピくん」は、かんぴょうのオバケみたいなご当地ゆるキャラです。

「まろに☆えーる」は、栃木が誇るご当地アイドルユニットで、メンバーは堤愛美(餃子屋の看板娘)、春崎野乃花(リーダー)、瓜田瑠梨(かんぴょう屋の娘)の3人です。

下野市は、「まろに☆えーる」の瓜田瑠梨ちゃんを下野市特別住民とし、特別住民票を1部300円で販売中なのだそうです…って、人の住民票を販売するとか、全く意味が分かりません。

その詳細は後ほどということで、今回は「シモツケ」のご紹介です。

シモツケについて

シモツケ(下野)は、日本から中国にかけて分布するバラ科の落葉性の低木です。

シモツケという名前は下野国(しもつけのくに=現在の栃木県)に由来しますが、栃木県だけではなく北海道から九州にかけて幅広く自生しています。

シモツケの開花時期は、5月から7月にかけてで、淡い紅色の小さな花を咲かせます。

シモツケは、株立ちといって地際から枝を多く出して広がり、樹高は1メートルほどになり、葉は秋になると紅葉します。

スポンサーリンク

シモツケの園芸品種は、白とピンク2色の花を同時に咲かせる品種の「源平」や、春の新葉が紅葉するように変化をする美しい黄金色の葉の品種の「ゴールドフレーム」が代表的です。

シモツケの花言葉

シモツケの花言葉は、「無駄」「無益」「整然とした愛」「はかなさ」です。シモツケは、中国名を「繍線(しゅくせん)菊」といいます。

中国に繍線という名前の娘がいて、戦国時代に敵に捕らわれ牢獄に入れられた父親を救い出そうとしました。

しかし、繍線は父親に生きて会うことはできず、父親の墓前に咲くこの木を持ち帰り花を咲かせたといいます。

「繍線(しゅくせん)菊」は、父親思いの娘の名にちなんでおり、花言葉の「無駄」「無益」もこのエピソードに由来しているといわれています。

シモツケの育て方

シモツケは、日当たりの良い場所で育てます。植え付けは、落葉している休眠期の11月~12月か、芽の動いていない時期の2月~3月が適期です。

シモツケの水やりは、鉢植えなら、土の表面が乾燥したら与えますが、シモツケはやや湿り気を苦手とするので水は与えすぎないように注意します。

庭植えなら、植え付けた後2週間ほどは水を与えますが、根付いたら降雨だけで充分です。

さて、シモツケがはじめて見つかったとされる下野国(栃木県)にある下野市ですが、瓜田瑠梨ちゃんの特別住民票を300円で販売しているとか意味が分かりません。

よくよく調べてみると、アイドルユニット「まろに☆えーる」は萌えキャラで、瓜田瑠梨ちゃんの住民票はイラストが入りクリアファイルの特典も付いていました。

ちなみにゆるキャラ「カンピくん」の特別住民票は、ホームページから無料でダウンロードできるそうですが、いったい誰が欲しがるのやら…。

オススメの記事一覧

-夏の植物, 春の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.