夏の植物

マテバシイの花言葉は「勇気」と「力」!ドングリをまけば芽が出る?

投稿日:2017年3月18日 更新日:

アニメ『となりのトトロ』で、サツキは傘を貸したお礼にトトロからプレゼントをもらいます。トトロからの贈り物は、笹の葉に包まれた「ドングリ」でした。

ドングリは、ブナ科のカシやナラやマテバシイ属の樹木の果実の総称で、「ドングリ」という名前の樹木はありません。

ブナ科のクリ属の果実は、「ドングリ」ではなく「栗」と呼ぶのはよく知られています。

ドングリは、「落下散布種子」で単に樹の下に落ちて発芽するだけではなく、リスやネズミなどの小動物が拾って食料として土の中に貯蔵することで散布されます。

『となりのトトロ』では、メイとサツキは庭の畑にドングリをまきます。

なかなか芽が出て来ないのですが、夢にトトロが出てきて畑に息を吹きかけるとピョコリと芽が出て来ます。翌朝二人が目を覚ますと、畑には芽が出ていてあの有名なセリフです。

「夢だけど、夢じゃなかった!」現実だけど、夢であってくれ!とレースが終わりハズレ馬券を握りしめる私には、縁の無いセリフです。

さて、今回は実がドングリと呼ばれる樹木の中の1つ「マテバシイ」をご紹介します。

マテバシイとは?

マテバシイは、日本原産のブナ科の常緑樹で、果実をドングリと呼ぶの木のうちの1つです。マテバシイの樹高は10メートルほどにもなり、大気汚染に強いため街路樹などに利用されています。

マテバシイの開花時期は6月で、花は黄褐色の長い穂状をしていますが、葉の色と似ているためあまり目立ちません。

マテバシイは、漢字で「馬刀葉椎」と書き、葉がマテガイに似たシイノキという意味で付けられた名前です。

でも、分類上ではマテバシイはブナ科マテバシイ属で、シイノキはブナ科シイ属であり、見た目には似ていても系統上は別属となります。

スポンサーリンク

マテバシイの果実は、タンニンをあまり含まないため、ドングリ特有の渋みが少なく、アク抜きをせずに炒って食べることができます。

通常コナラ、ミズナラ、クヌギなどの木のドングリは渋みがとても強くて、渋抜き(アク抜き)をしないと食べることができません。ドングリの渋抜きの方法は、流水に数日間さらしたり、木灰汁を使って煮沸したりします。

マテバシイの種類と花言葉

マテバシイの花言葉は、「勇気」「力」「長寿」「永遠の愛」です。

マテバシイの他に日本に自生するマテバシイ属に、もう1種「シリブカガシ(尻深樫)」があります。

シブリカガシは、漢字名からも推測できるように、ドングリの底の部分がくぼんでいるのが特徴です。シブリカガシの実もマテバシイと同じく渋みが少なく食べることができます。

マテバシイの栽培方法

マテバシイは、日当たりと風通しの良い場所で育てます。やや湿気のある土壌を好みますが、乾燥地であっても丈夫に育ちます。

マテバシイは、大気汚染や潮風に強いのですが、もともと暖かい地域に自生する樹木であるため、寒冷地での植栽は厳しいと思われます。

マテバシイの剪定時期は、芽が伸びる前の3月から4月にかけてとなります。花を楽しむための樹木ではないため、剪定の時に花芽を気にする必要がなく、思い切って枝を間引く剪定を行います。

マテバシイの増やし方は、秋に地面に落ちたドングリを拾い集めて、湿り気のある土に埋めれば発芽します。

乾燥させると内部の胚が弱ってしまうため、入手したらできるだけ早く土にまくようにします。

オススメの記事一覧

-夏の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.