春の植物

アンズの育て方は難しいの?あんずの里でひと足早いお花見もご紹介!

投稿日:2017年3月14日 更新日:

アンズは、英名を「アプリコット」といい、漢字で書くと「杏」や「杏子」となります。

最近では子供の名前に「杏」の字を使うのが人気なようで、男の子の名前にも「杏介(キョウスケ)」や「杏太郎(キョウタロウ)」などがあるほどです。

女性のタレントさんなら『ごちそうさん』の杏さんや『相棒』の鈴木杏樹さんなどが有名です。

でも、個人的には「杏」といったら何といっても「鈴木杏(あん)」ちゃん!映画『ヒマラヤ杉に降る雪』やドラマ『青い鳥』それに『六番目の小夜子』など、子役として出演していた作品はどれも好きで観ていました。

でも最近は映画『軽蔑』で杏ちゃんが大胆な濡れ場を演じているのを観た時は、子役のイメージが強すぎたためかなり複雑な心境でした。

これも現在は「ちゃん」付けで呼ぶのがはばかられるほど、大人の女優さんとして立派に成長されたということです。

さて、今回は読み方は違いますが鈴木杏さんの名前でもある「アンズ」のご紹介です。

アンズ(杏)とあんずの里

アンズ(杏)は、中国華北地方が原産のバラ科サクラ属の落葉樹で、別名を「カラモモ(唐桃)」といいます。

アンズの開花時期は、3月下旬から4月ごろで淡い紅色のサクラに似た花を咲かせます。

アンズの花の観光スポットとしては、長野県千曲市にある「あんずの里」が最も有名です。

この地でアンズが栽培されるようになったのは、元禄時代に伊達宗利の娘である豊姫が、松代藩主の真田幸道に嫁いだ時に、生まれ故郷を懐かしんで持ち込んだのがはじまりだといわれています。

スポンサーリンク

松代藩がアンズの生産を積極的に進めたのが、「あんずの里」である現在の千曲市の森地区や倉科地区です。

「あんずの里」では、毎年花が見ごろとなる頃に「あんずまつり」が開催されたくさんの人が訪れます。

アンズの花は、サクラの花よりやや早い時期に開花をするので、サクラの花に似た美しい花でひと足早いお花見を楽しむことができます。

アンズの品種

アンズは、花が終わり6月から7月中旬ごろになると、ウメによく似た実を付けます。実は、生食にもジャムやドライフルーツやシロップ漬けなどにも利用されています。

アンズの種の核は、杏仁(きょうにん)と呼ばれ、古くから咳止めなどの薬として使用されて来ました。現在では、杏仁豆腐に用いられることで広く知られ、「あんにん」と呼ぶのが一般的です。

アンズの実は、日本が原産の品種では酸味が強く甘味が少ない特性があるため加工品に向き、欧米が原産の品種では酸味が少なく甘味が強い特性があるため生食に向いているという違いがあります。

酸味が強い品種としては、長野県が原産の「平和」や新潟県が原産の「新潟大実」、香りが強くて酸味を抑えた交配種の「信州大実」などがあります。

一方、酸味の少ない品種は、アメリカ原産の「ゴールドコット」やカナダが原産で実が大きい「ハーコット」などがあります。

アンズの育て方

アンズは、日当たりと水はけが良く、乾燥した涼しい環境を好みます。

また暑さ、寒さに強く北海道北部を除いて日本全国で育てることが可能です。アンズの剪定は、12月上旬から2月下旬ごろに行います。

花芽は、短い枝の方によく付くため、伸びすぎた枝や込み合った部分の枝を間引いて株の内部にまで日が当たるようにしてやります。

鉢植えで育てる場合は、樹高が高くなりすぎると鉢が倒れてしまうおそれがあるので注意が必要です。アンズの栽培管理は容易で育てやすく、鉢植えにも向いています。

オススメの記事一覧

-春の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.