春の植物

ハクモクレンの育て方や名所は?シモクレンとコブシとの違うも知っておこう!

投稿日:2017年3月13日 更新日:

「天災は忘れたころにやって来る」といったのは、寺田寅彦なのだそうです。寺田寅彦は、戦前の物理学者ですがエッセイの達人としても有名で人気があります。

文学や芸術の分野などで多くの著作がありますが、花に関する随筆も数多く残しています。

『木蓮』というエッセイの中で、白木蓮は花が咲いてしまってから葉が出る。人間にも「花」が咲いてから「葉」が出るのに似た種類があるような気がするのだが、何が「花」で何が「葉」だか自分にはよく分らない。といった、実に含蓄のある文章を書く人です。

そして、紫木蓮については「若葉の賑かなイルミネーションの中から派手な花を咲かせる」と文学的な表現をしてみせてくれたりと、花に関連する内容でこれほど多彩な表現ができるものかと感心させられてしまいます。

さて今回は「木蓮」の中でも「紫木蓮(シモクレン)」とは区別される「白木蓮(ハクモクレン)」のご紹介です。

ハクモクレンとシモクレン

モクレン(木蓮)は、中国原産の落葉性の樹木で、海外では「マグノリア」の別名で呼ばれます。

モクレンの種類には、紫色の花を咲かせる「シモクレン(紫木蓮)」と白い花を咲かせる「ハクモクレン(白木蓮)」があります。

シモクレンとハクモクレンは、花色以外にも大きく違う特徴があります。シモクレンは樹高が4~5メートルほどの中高木で、株立ちになりやすくやや横に広がって生長します。

一方、ハクモクレンは樹高が20メートルにまで達する高木で、単幹で幹が太くなります。

また、シモクレンは、花弁が6枚で開花中に葉が出て花が終わるころには葉に隠れてしまいますが、ハクモクレンは、花弁は9枚で花が咲き終わった後に葉が出て来ます。

「サラサモクレン(更紗木蓮)」は、シモクレンとハクモクレンの交雑種です。

サラサモクレンは、樹高は10メートルほどに生長し、花の色はピンクが中心ですが白色や紫色も見られます。これら3種類のモクレンは、開花の時期が少しずつズレています。

まずハクモクレンが、3月から4月にかけて花を咲かせます。次にサラサモクレン、その次にシモクレンの順で花が咲きます。

スポンサーリンク

ハクモクレンとコブシ

ハクモクレンと大変よく似た種類に「コブシ(辛夷)」があります。ハクモクレンとコブシは共に、早春に開花し冬の終わりを告げる花でもあります。

どちらもモクレン科の植物で、コブシは日本が原産、ハクモクレンは中国が原産です。コブシは、昔の人々がこの花が咲いた時期から農作業を開始したことから、「田打桜(たうちざくら)」とも呼ばれていました。

ハクモクレンは、「コンパス・フラワー(磁石の木)」などと呼ばれるように、蕾の先が必ず北を向く性質があります。

ハクモクレンの花はそろって上向きに咲くのに対し、コブシの花は色々な方向を向いて咲くので容易に区別が付きます。

ハクモクレンの育て方と名所

ハクモクレンは、日当たりと水はけの良い場所で育てるようにします。ハクモクレンは、耐寒性が強いので、特に防寒対策を行う必要はありません。

鉢植えで育てる場合は、根づまりを起こしやすいので2~3年に1回は植え替えをします。花後の4月から5月にひと回り大きな鉢に植え替えをしてやります。

北海道の北見市にある「北見フラワーパラダイス」は、四季折々の花と緑を楽しむことができる公園として知られていますが、特に春はモクレンの名所として有名です。

オススメの記事一覧

-春の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.