春の植物

ハクモクレンの花言葉を学んでみよう!栽培方法や種類と特徴も紹介!

投稿日:2017年3月13日 更新日:

「逢いたくて 逢いたくて~♪」
スターダスト・レビューの『木蘭(もくれん)の涙』は、古い楽曲ですが現在でも多くのミュージシャンがカバーをしているので聴いたことがあるのではと思います。

私がこの曲を知ったのは、とと姉ちゃんこと高畑充希さんが歌うヴァージョンで、単純に上手いとかいったら軽薄な表現に思えるぐらいホント心にしみる歌声で感動しました。

ところで「木蘭(モクレン)」は、「木蓮」と漢字にした方が馴染みがあるかもしれません。モクレンの花は、「蘭(ラン)」に似ていたので昔は「木蘭」だったのですが、「蓮(ハス)」にも似ているので現在は「木蓮」になったといわれます。

モクレンの花は紫色をしているため「シモクレン(紫木蓮)」と呼ばれることもあります。

またモクレンの仲間には白い花を付ける種類の「ハクモクレン(白木蓮)」があり、「木蓮」と混同されることが多いようです。今回は、「ハクモクレン」のご紹介です。

ハクモクレンとは?

ハクモクレン(白木蓮)は、中国が原産の落葉性の樹木で、モクレン類はアメリカやアジアなどに約90種類の仲間が分布しています。

モクレンは世界でもポピュラーな樹木の1つで、海外では「マグノリア」と呼ばれています。

モクレンは、地球上で最古の花木だとされており、1億年以上も昔から今と同じ姿だったといわれています。

ハクモクレンの開花時期は、3月から4月でシモクレン(紫木蓮)と同じ形でクリーム色がかった白い花を咲かせます。

スポンサーリンク

シモクレンは生長しても5メートル程度の低木なのに対して、ハクモクレンは樹高が15メートルにもなる高木です。

また、シモクレンの花は常に半開きなのに対して、ハクモクレンの花は日が当たると開き暗くなると閉じるという特徴があります。

ハクモクレンの種類と花言葉

シモクレンとハクモクレンの交雑種に「サラサモクレン(更紗木蓮)」があります。サラサモクレンは、樹高が6~10メートルほどで、花色はピンクが多いのですが白色や紫色も流通しています。

これら3種のことをまとめて「モクレン(木蓮)」と呼ぶことが多いようです。

ちなみに3種の開花の時期は少しずつズレていて、ハクモクレン⇒サラサモクレン⇒シモクレンの順番で花が咲きます。

モクレンの花言葉は、「気高さ」「高潔な心」「崇高」「威厳」「自然への愛」「持続性」です。中でも「気高さ」は、ハクモクレンの花言葉だとされています。

ハクモクレンの栽培

ハクモクレンは、日当たりと水はけの良い場所で育てます。ハクモクレンは、耐寒性が強く中国原産ですが日本の環境にもよく合うので、特別に防寒対策を行う必要はありません。

ハクモクレンを鉢植えで育てる場合は、根づまりを起こしやすいので数年に1度は植え替えを行います。

植え替えの適期は、花の咲き終わった4月から5月でひと回りかふた回り大きな鉢に植え替えをしてやります。

ハクモクレンは、根の生育がとても旺盛で鉢植えを地面に直接置いていると、鉢底から根が出て来て地面に根付いてしまうおそれがあります。

レンガやブロックなどを下にかますなどして、鉢を地面から離してやるようにします。

オススメの記事一覧

-春の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.