春の植物

ウグイスカグラの花言葉は?ウグイスカズラとは何か違うの?

投稿日:2017年3月12日 更新日:

「梅に鶯(ウグイス)」は、ことわざで取り合わせの良いもの同志の組み合わせをいいます。

また、仲の良い間柄や調和し似合っている2つのモノを例えた表現でもあります。他にも同じような表現に「牡丹に蝶」、「紅葉に鹿」、「松に鶴」、「柳に燕」、「竹に虎」、「竹に雀」、「波に千鳥」、「牡丹に唐獅子」などがあります。

逆に、取り合わせの悪いものはどうなるのでしょうか?「梅干しにウナギ」や「天ぷらにスイカ」などが思い浮かびますが、これは合食禁(がっしょくきん)といって食い合わせの悪い食べ物を昔からの伝承でいったものです。

それなら「月に叢雲(むらくも)、花に風」ということわざがありますが、こちらは組み合わせが悪い場合ではなく、良いことは長く続かないという意味で使われています。

結局、組み合わせの悪い物は、「馬が合わない」や「ソリが合わない」や「ノリが合わない」という表現になるでしょうか。

ウグイスに神楽(神様の前での踊り)というのは組み合わせ的にはどうなのか分かりませんが、今回は「ウグイスカグラ」のご紹介です。

ウグイスカグラ(鶯神楽)とは?

ウグイスカグラは、北海道から本州や四国の山野に分布するスイカズラ科の落葉低木です。樹高は2メートルほどに生長し、分枝してよく茂る性質があります。

ウグイスカグラの開花時期は、4月から5月ごろで、淡いピンク色をし先端が5裂したラッパ状の小さな花を咲かせます。

花後には、1センチほどのサイズの楕円形の果実を付けます。ウグイスカグラの果実は6月ごろになると、赤く熟し食べると甘い味がします。

ウグイスカグラは、「カズラ」と誤って記述されることもありますが、スイカズラ科であっても「つる性」の植物ではありません。

スポンサーリンク

ウグイスカグラという名前は、ウグイスが鳴きはじめる時期に花が咲くとされる説や、ウグイスガクレ(鶯隠れ)がカグラ(神楽)に変化したという説などがあります。

ウグイスカグラの種類と花言葉

ウグイスカグラの種類には、枝葉や花に毛の生える種類の「ヤマウグイスカグラ(山鶯神楽)」、枝葉に毛が密集し果実や花には腺毛が生える「ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)」などが知られています。

また、白い花を咲かせて黄色い実を付ける「シロバナウグイスカグラ(白花鶯神楽)」もあります。

ウグイスカグラの花言葉は、「未来をみつめる」です。

ウグイスカグラの栽培

ウグイスカグラは、日当たりと水はけの良い場所で育てるとバランスの良い株姿になり、花や果実の付き方が良くなります。ウグイスカグラは、次々と新しい枝を出し数年すると枝の生長が弱くなって来ます。

ウグイスカグラの剪定は、定期的に古い枝を地際から切り落としてやり、新しい枝との入れ替えを行うようにします。

ウグイスカグラは、種から増やすことができます。初夏に赤く熟した果実を採取し、果肉を取り除いたらすぐに土にまきます。

すぐに種をまかない場合は、種を乾燥させないように湿らせた砂などに貯蔵しておきます。

ウグイスカグラの種は、乾燥すると発芽力が落ちてしまうので注意が必要です。

オススメの記事一覧

-春の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.