春の植物

エニシダの育て方を更にみてみる!種類についても確認しておこう!

投稿日:2017年3月7日 更新日:

金雀枝(エニシダ)は、魔女の箒(ホウキ)を作った木だといわれています。

でも、アニメ『ポケットモンスター』に登場するエニシダは、アロハシャツを着たサングラスのおっさんです。

エニシダは、メタボな体型でオープンカーを乗り回すバトルフロンティアのオーナーです。ところで『ポケモン』に登場する人物のほとんどが、花や植物の名前に由来しています。

例えば毎度登場するオーキッド博士のオーキッドは、英語で「蘭(ラン)」のことです。

カスミは「カスミ(ソウ)」、タケシは「竹」と「ケシ」、他にも「サカキ」「アンズ」「カリン」「オダマキ」「アロエ」「キダチ(アロエ)」などなど。

そんな中、主人公のサトシの名前だけは、ゲームクリエーターでありポケモンの生みの親でもある田尻智(タジリサトシ)氏から取っているのだそうです。

作品に出てくるおっさん・エニシダの名前は、植物の「金雀枝」から取ってはいるのですが、名前だけでキャラクターと植物の特徴が一致するようなところは見つかりません。

でも、エニシダ、君に決めた!で、今回は「金雀枝」のご紹介です。

金雀枝(エニシダ)について

金雀枝は、北アフリカ、南ヨーロッパ原産のマメ科の落葉低木で、枝数も花数も多くて、開花期の姿はかなりの迫力があり、春を彩る代表的な庭木です。

開花の時期は5月から6月で、蝶のような形をした鮮やかな黄色の花を咲かせます。

金雀枝の品種の中でも特に矮性種の「ヒメエニシダ」は枝が上に伸びてまとまりも良く、花付きも良いので鉢物として非常に人気があります。

金雀枝は、ヨーロッパでは箒(ホウキ)の材料としてよく知られています。

金雀枝は、別名に、5枚の花びらが組み合わさって開いた様子が蝶のように見えることから「蝶形花(チョウケイカ)」とも「蝶形花冠(チョウケイカカン)」とも呼ばれます。

スポンサーリンク

金雀枝の花言葉と種類

金雀枝の花言葉は、「謙遜」「卑下」「清楚」「清潔」です。「清楚」「清潔」という花言葉は、ヨーロッパでは金雀枝の枝を束ねて箒を作っていたことに由来しています。

金雀枝の園芸品種としては、草丈が低く黄色い花を咲かせ鉢植えとして人気が高い「ヒメエニシダ」が代表的です。

ただ「ヒメエニシダ」は、一般に「エニシダ」の名前でガーデニングショップなどで流通をしています。金雀枝は、耐寒性がありマイナス5度でも育つ特徴があります。

一方、ヒメエニシダは、耐寒温度は0度までで、高温多湿にとても弱く真夏に枯れてしまうことがあります。

金雀枝の園芸品種には他にも、「ホホベニエニシダ」という黄色い花びらの中心が赤く色づくことが特徴の品種や、「シロバナエニシダ」という樹高が高く濃い緑色の葉の間から真っ白な花を咲かせるのが特徴の品種などがあります。

金雀枝の育て方

金雀枝は、土が乾燥したら水やりをします。金雀枝は、どちらかというと乾燥を好み、多湿を苦手としています。

庭植えの場合は、根付くまでは水をやりますが、一度根付いたら降雨だけで充分なので育てるのに手間がかかりません。

ヒメエニシダの場合は、水はけが良く日当たりの良い場所で育てまが、夏の高温多湿に非常に弱く、夏に枯れてしまいます。

半日陰の風通しのよいところで管理すれば夏越しに成功することもあります。

また、ヒメエニシダは、寒さにも弱く霜に当たると傷んでしまいます。軒下や室内に置いて管理をします。

オススメの記事一覧

-春の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.