冬の植物 春の植物

山茶花と椿との違いは?花言葉で永遠の愛を!

投稿日:2017年2月3日 更新日:

★ 山茶花の素顔は!

山茶花といえば、「ああ!あの椿そっくりの顔をした花ね」という返事がかえってきますよね。
でも「見た目ではどっちがどっちだか、よくわからないわ」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで葉も花もあの椿によく似ている山茶花とその親かもしれない椿との違いを見直してみることにしましょう。

その素顔(すがお)をたしかめてから、気になるのは、なんでも多くの種類があるといわれる山茶花の色別による「花言葉」ですよね。

そこでたくさんの色がある山茶花の「花言葉」についてもこのページで探ってみることにしましょうね 。

★ 強いフラワー山茶花とは!

想い浮ぶイメージとしては、みるからに強そうなフラワー「山茶花(さざんか)」の花は
学名では 「Camellia sasanqua」といいますが、ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹として
歌詞にまで使われる強いフラワーですよね。

この花は秋の終わりから冬にかけての寒いシーズンに花を咲かせる寒さに強い花ですね。

もともと野生だった花の色は部分的に淡い桃色を交えた白色でした。

この野生種がいろいろと改良され植栽されるようになった園芸品種の花の色は、赤色とか白色とかピンクなど色とりどりになりました。

この花は山口県はじめ四国南部から九州南部や屋久島から西表島などの南西諸島などに自生していますよ。

その自生地としては日本が北限といわれていますね。

★ 山茶花と椿との違いは?

このように「山茶花」の素顔はみなおしましたが、気になるのは、「山茶花」と「椿」の違いですよね。

その「椿」も「山茶花」もおなじツバキ科ツバキ属の植物ですから、花や葉などのスタイルがよく似ていることから見分けることがむずかしいですね。

これを比べてみれば、次のような違いがあります。

# 開花時期

【山茶花】10月~2月
【椿】12月~4月

# 花の散り方

【山茶花】花びらがぱらぱらと散る
【椿】花が丸ごと落ちる

# 花の開き方

【山茶花】大きく完全に開く
【椿】カップ状で開ききらない

# 葉の形状

【山茶花】葉の縁がギザギザしている
【椿】葉の縁にギザギザがない  

# 葉の表面

【山茶花】葉の表面に毛がある    
【椿】葉の表面は毛がなくつるつる

* 椿の散り方

花ごと落ちる

* 山茶花の散り方

花びらがバラバラに落ちる 

* 葉脈の色で見分ける

葉を光に透かして、葉脈が黒いほうがサザンカで白いほうがツバキ。

★ 山茶花の花言葉は!

このような「山茶花」は、寒気にも強いフラワーといわれていますよ。
その「花言葉」も、

# 困難に打ち克つ
# ひたむきさ
# 理想の恋

などと、ちからをシンボライズするワードが多いのですよ。

このほか、色別の花言葉もありますよ。

# 赤色:謙譲・あなたがもっとも美しい
# 白色:愛嬌・あなたは私の愛を退ける 
# ピンク色:永遠の愛

★ 理想の恋をして永遠の愛を!

さあ!あなたも山茶花を育てて「理想の恋」をしてみませんか。

理想の恋によって「永遠の愛」を勝ち取ることをおすすめします。

オススメの記事一覧

-冬の植物, 春の植物

Copyright© 旬の花・植物情報news , 2018 AllRights Reserved.